研究紹介

ダイバータ

高エネルギーパルス下におけるプラズマ-中性粒子相互作用

核融合炉実現に向けた最も大きな課題の一つは,ダイバータ板への熱・粒子負荷の低減です.本研究ではELMを考慮したプラズマと中性粒子の相互作用のシミュレーション解析を行うことにより,非接触ダイバータプラズマの物理的理解を深めることが目的です.
イオン源

大型水素負イオン源における電子損失過程

担当:佐藤捷  次世代エネルギー源として期待されている核融合発電には、核融合炉内の高温の核融合プラズマを保持するために、大型水素負イオン源が発する水素負イオンビームを中性粒子ビームに変換して照射し加熱することが必要となる。電荷をもた...
ダイバータ

核融合周辺プラズマ領域における高Z不純物の輸送

担当:釜田 慎也 核融合炉ではプラズマ状態の燃料を高温、高密度で閉じ込める必要があります。これを下図のような磁場を用いて行う装置をトカマク型核融合装置と呼びます。 このうち、磁場が閉じている領域をコア領域、磁場が開いてい...
ダイバータ

核融合炉長時間運転に向けたプラズマ壁相互作用が密度制御に与える影響の解析

担当:奥村海斗 核融合炉の長時間運転によって、プラズマにより壁の表面から壁材料が不純物としてはじき出され、再び壁表面に付着し再堆積層を形成する。炉心プラズマから漏れ出た燃料粒子は、再堆積層に入射して吸蔵される。その後、壁表面で再結合...
ダイバータ

核融合境界層プラズマに対する3次元プラズマ流体コード構築に向けたラグランジューモンテカルロ法の開発

磁場閉じ込め核融合炉における重要課題の一つは、周辺の壁や構造物の機能を維持させながら、炉心プラズマ部での核融合反応を持続させることである。そのためにはコアから周辺領域(SOL領域)に漏れ出たプラズマの熱・粒子を、SOL領域中で適切に制御す...
ダイバータ

核融合原型炉に向けたダイバータプラズマの数値解析

担当:中野 誠也  核融合技術を発電プラントとして実証するために、原型炉の設計研究が進んでいる現在、炉心プラズマから排出される高熱流とプラズマ粒子の処理を行うダイバータの設計は、実現に向けた最重要課題である。そこで、原型炉として高...
イオン源

RF水素負イオン源の引き出しにおけるビーム振動の解析

 担当 : 林 克哉 欧州原子核研究機構(CERN)において新たな線形加速器 Linac4が開発されている.その粒子源として高周波放電型 (RF: Radio Frequency)水素負イオン源が用いられている。RF水素...
イオン源

医療用水素負イオン源における水素負イオン生成量増大のための数値シミュレーション

担当:M1 中田裕貴  次世代ガン治療法であるホウ素中性子補足療法の治療時間短縮に向けて、医療用水素負イオン源における水素負イオン生成量増大が要求されている。医療用水素負イオン源ではフィラメントから放出された電子が装置内の水素と衝突して、体...
イオン源

核融合プラズマ加熱用重水素負イオン源における電子輸送解析

担当:加藤 凌 研究背景・概要  核融合炉の炉心では、プラズマを閉じ込め、約1億℃を保つ必要があります。現在主流となっている方法は、磁力線の籠で炉心を囲み、プラズマを閉じ込める磁場閉じ込め型です。  しかし、この方法には...
イオン源

陽子線治療用イオン源

陽子線治療という先進的なガン治療法があります。陽子線治療では陽子線をガン細胞に照射しダメージを与えることで治療を行います。従来の放射線治療に比べ患者さんの身体への負担が少ないことが大きな特長です。 星野研究室では陽子線治療で使うイオ...
タイトルとURLをコピーしました