非接触プラズマにおけるELM時の分子活性化再結合の解析

担当:坪谷友香

核融合炉の実現に向けて,コアから周期的にダイバータに流入するEdge Localized Mode (ELM)とよばれる高温の熱パルス等の条件下における非接触プラズマの動的特性の理解が重要である.非接触状態の実現のために必要な体積再結合に,電子とイオンの直接の再結合(Electron-Ion recombination : EIR)と振動励起分子を介した分子活性化再結合(Molecular Activated Recombination:MAR)がある.本研究では,非接触状態において重要なMARに着目し,プラズマ粒子モデル(Particle in Cell : PIC)を用いて ELMが非接触状態に与える影響を解析する.

タイトルとURLをコピーしました