陽子線治療装置のイオン源

担当:竹下佳樹

 現在がん治療の現場では主に、外科手術・化学療法・放射線治療の3つの治療法が用いられています。このうち放射線治療では、患部に放射線を照射することによりがん細胞を破壊する治療法で、安全かつ効果的に治療することができます。この放射線治療のうち、陽子線治療は、従来のX線治療・γ線治療と比べてさらに幹部へピンポイントで治療することができ、正常な細胞への影響も少ないために、注目されています。


筑波大学附属病院・陽子線治療センターの治療装置より抜粋

 星野研究室では、この陽子線治療装置のうち陽子線を生み出すイオン源について研究を行っております。今年度は、住友重機械協業株式会社の治療装置で用いられるイオン源について、シミュレーションによりプラズマ粒子の運動やそれによる電場を検討し、イオン源の陽子生成量の増大を目指しております。

 星野研究室では、このようにシミュレーションによってプラズマ粒子の運動を検討し、様々な装置の構造の研究・解明を行っております。

タイトルとURLをコピーしました